フライでバス釣りクルマ
[ クルマ ] の記事一覧を表示します
2022年12月23日の記事です
POLO GTI PCVバルブ交換
安い中華パーツに落とし穴が!
記事挿し絵

197856Km走行の後期高齢車。

2ヶ月前のブリーザーホース交換で絶好調!

と思いきや……。

ここ最近、エンジンルームから「ジーーーーーー」と虫が鳴くような異音が。

異音の発生源を探ると、PCVバルブのようです。

じつはこれ、激安ブリーザーホースセットにオマケで付いたので、ついでに交換したのでした。

POLO GTI PCVバルブ交換

中華製は当たり外れがありますね。

結果的には、交換はホースのみで、PCVはそのままにしとけば良かった。

でも、中華パーツはやめないのさ。だって激安なんだもん!

オリジナルPCVに戻そうかとも思ったですが、20万Km近く使ってるし、高価なパーツでもないので新調することにしました。

今回は無難なモノをパルカで購入。

POLO GTI PCVバルブ交換

余談ですがPCVは「プレッシャー・コントロール・バルブ」の略ですが、

日本では「PCVバルブ」と呼ぶのが通例のようです。

バルブが被ってるけど、自動車業界用語としてアルファベットを含めて日本語化したのでしょう。

詳細は↓の動画で。

YouTubeで見る場合はこちら → youtu.be/Mx3Bx2yV0N8

記事の日付:2022年12月23日
YouTubeにクルマ用サブチャンネルを作りました。 よろしければチャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCqVPEb5hXmxqKDsv3b7EcKA

コメント

まだコメントはありません

名前
コメント
URL(省略可)
スパム対策 "八零八九"を数字に書換えて下さい

前後の記事

< この記事にリンクする場合はHTML版 2022/1223_1.html に! >
くるまだFF フライでバス釣り
トップはhttp://kurumada.sub.jp/です
©2000-2023 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)