フライでバス釣りクルマ
[ クルマ ] の記事一覧を表示します
2020年03月17日の記事です
VWポロ9NヘッドライトLED化
ヘッドライトLED化/防水キャップ自作/激安H7バルブ長期テスト結果
記事挿し絵

釣友から貰いました

釣友が諸事情で余剰在庫を抱えてしまったというH7のLEDライトを譲り受けました

取り付けを試みましたがチト問題が。

購入したもの

どうやらアダプターが必要なようです。

amazonで使えそうなものを見つけて発注。

前回買った激安H7ハロゲンバルブ同様に、中国から国際郵便で届くパターン。

amazonに記載されてる予定納期になっても届きません。ご存知のようにコロナウイルス騒ぎです。こりゃ当分無理かなと半ば諦めていたけど、予定の倍、三週間弱で無事届きました。

激安H7バルブ長期テスト結果

VWポロ9NヘッドライトLED化

納期が遅れて良かったことが!

な、な、なんと。国際郵便待ちの間に、なんというベストタイミング!

「こちらの記事」で始めた長期テスト中の激安H7バルブが切れました。試験結果が出たーーーーー!

結果知らんぷりの詐欺記事にならなくて良かった良かった。

ODDメーター165700Kmで切れました。

去年の7月10日156800Kmから使い始めたので、約8ヶ月9千Kmで寿命を迎えたことになります。

当車、過去の実績では「2万Km/1年半で2個あるバルブのうち1個が切れる計算。切れた球だけ交換してるので1個当りだと4万Km/3年」なので、やはり寿命は短かったことになります。

てなことで、1/4程度の寿命だったわけです。

この激安価格ながら、ランニングコスト的には、価格と寿命の関係でトントンって感じです。品質のバラツキは不明ながら、まとめ買いしてドンドン交換って使い方なら良さそうです。

防水キャップ自作

話戻ってLEDヘッドライト。冷却ファンレスなので寿命は長そうだけど、そのぶん放熱板が嵩張ります。配線ケーブルとコネクターもプラスされるのでオリジナルの防水キャップ内に収まりません。

防水キャップ
VWポロ9NヘッドライトLED化
左:自作 右:オリジナル

100円ショップのB6チャック付きビニール袋とEVAシート、そしてベタつかず温度特性も良好と評判の良い日東アセテートテープで防水キャップを自作しました。

ちなみにオリジナルの防水キャップは内径が3インチのようです。アフターマーケットから色々なものが売られているようだけどPOLO(9N後期)のヘッドライト周りはスペースがあまりなく適合品を見つける自信がないので自作した次第。

詳しくは↓動画で説明しますので興味のある方は見てね。

YouTubeで見る場合はこちら → youtu.be/2FQdHNpPFus

記事の日付:2020年03月17日
YouTubeにクルマ用サブチャンネルを作りました。 よろしければチャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCqVPEb5hXmxqKDsv3b7EcKA

コメント

1) トムワン 2020/03/19(木) 17:05:31
9,000キロでは?
2) 車田 2020/03/19(木) 21:55:51
ご指摘ありがとうございます。訂正しました。
名前
コメント
URL(省略可)
スパム対策 "八零八九"を数字に書換えて下さい
< この記事にリンクする場合はHTML版 2020/0317_1.html に! >
くるまだFF フライでバス釣り
トップはhttp://kurumada.sub.jp/です
©2000-2020 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)