フライでバス釣り
2021年10月26日の記事です
秋の草刈り後が陸っぱり鯉科ベストシーズン
敵は風と草刈りの残骸
記事挿し絵

近所の川、年に何回か草刈りします。

だけど雑草の生命力は凄いです。春、夏は刈っても、あっという間に、すくすく伸びて、草ぼうぼうになってしまいます。

秋この時期は長持ちするので、近所の川的には陸っぱりベストシーズンの始まりです。注意すべきは草刈りされてない所で生き延びた、やたらくっつく種ですね。ちょっと触れただけで大量に刺さり、抜いても服にチクチクが残る植物機雷のやつ大嫌い。

これからどんどん寒くなって水温が下がってしまいます。

でも大丈夫、鯉科の魚ならば。

オイカワなんて冬になっても元気にライズする凄い魚。これからの季節も十分楽しめます。2月の厳冬期はさすがに厳しくなるけど年末年始あたりまでOK!

さて、草刈りされ近所の川。歩きやすく、ロッドを振る空間が増えたものの、そのぶん吹き抜けやすくなった風と、刈られた草の残骸がラインに絡まるのが厄介です。さらに細いティペットと小さなミッジ。イライラする場面もありますが、釣れると楽しいオイカワ釣りでございます。

YouTubeで見る場合はこちら → youtu.be/O4vylvTyorw

<釣果>
  1.  オイカワ×4匹(未計測)
<タックル>
ロッド:インファンテ・オイカワSP#1 https://amzn.to/3dbpzJV
リール:マリエットMR7A
ライン:Maxcatch DT1F https://amzn.to/3pc1Fn2

↓フライを掴むクリップ(ICテストリード)
https://amzn.to/3Ct0mXs
記事の日付:2021年10月26日

コメント

1) マスラオ2021/10/28(木) 00:38:52
こんにちは。いいサイズのオイカワでしたねー。自分の通ってる川だと、今の季節、大きめのはあんまりいないので、うらやましいです。確かにドライでダメな時も表層を少し沈めると口に吸込みやすくなるのか釣れやすくなりますよね。
それにしても、鯉は1キャスト、ワンバイト、ワンキャッチできそうなくらい沢山いるんですね〜。
2) 車田2021/10/28(木) 20:56:00
どうもです。そうですね、沢山居ます。この川の優勢種は鯉だと思います。暑さ、寒さ、減水、増水、濁り、あらゆる状況に対応する凄い魚ですよ。

前後の記事

くるまだFF フライでバス釣り
トップはhttp://kurumada.sub.jp/です
©2000-2023 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)