フライでバス釣り
2021年09月06日の記事です
クラシック・グラスで40up釣りたい【前編】
2年前の魚大量死は悪夢でした
記事挿し絵

収穫の秋。霞水系近隣は稲刈りが始まりました。

霞に通うバスアングラーには有名ですが、稲刈り時期に大雨が降ると赤錆のように赤茶色した水が混入。魚の活性が落ち、最悪の場合は魚が死に至ります。

2年前は台風と重なり、その稲渋が大量混入。とんでもない数の魚が死にました。やたら目立つハクレンの死体を筆頭に、死体の山というか死体の川。地獄絵図。もちろんバスも沢山死にました。

フローターで安全に浮ける水域のほとんどは農業用水として機能しています。当然のごとく田んぼと隣接しいるので、もろに影響を受けました。

この時を境にバスの釣果は激減。その年の秋はまったくと言っていいほど釣れませんでした。

トラウマレベルの悪夢。

徐々に復活はしていますが、また同じことが起こり、釣れなくなる可能性があります。

稲刈りが本格化する前に課題を達成しておきたい。クラシック・グラスで40up釣りたいのです。

てなことで、中一日で連投してきました。

初日です。

後編は後日。

YouTubeで見る場合はこちら → youtu.be/sE4IPrraB_Y

<釣果>
  1. 12:13 28cm
  2. 16:42 30cm
<タックル>
ロッド:Fenwick FF756-4J #6 Classic Glass
リール:メダリスト1494 1/2
ライン:SAエアセル・パンフィッシュ#5/6 https://amzn.to/3kg1Egc
記事の日付:2021年09月06日

コメント

まだコメントはありません

前後の記事

くるまだFF フライでバス釣り
トップはhttp://kurumada.sub.jp/です
©2000-2021 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)