フライでバス釣り
2021年08月27日の記事です
微妙に扱い難いタックルの魅力
魚を取り逃がす事もありますが…
記事挿し絵

「FF756-4J」はティムコのカタログ落ち在庫処分をお安く購入したグラスロッドです。20年以上前の事で価格は忘れた。

「メダリスト1494 1/2」は株式会社キャップスが販売した最終モデルで6年前の価格は4,370円でした。

フラデバの雰囲気に合うクラッシックテイストの新品タックルとして、買っておいて良かったと思ってます。

いま、メダリストをヤフオクで見ると、そこそこいいお値段してますよね。

微妙に扱い難いタックルの魅力

フライでバス釣り普及促進会会長(←自称)としては、お手頃価格の新品を供給してくれてる RiverPeak や Maxctach を応援したいのでありまが、ここ最近の釣行で使って、ちょっとしたマイブームになってます。

墓場までは持っていけないタックルを、眠らせておくのはもったいない、てのもあります。

皆さんも使わないタックルが埃をかぶっていませんか?

このグラスロッド、 エアセル・パンフィッシュ との相性が素晴らしく、風が弱ければハング下のキャストがばっちり決まって気持ちいいのものの、風が吹くと、特に利き手方向からの横風には滅法弱くて、まぁ、扱い難い面もあるロッドです。

リールは良い意味で昭和のブリキのおもちゃ感があって楽しいものの、まぁ、悪く言うとポンコツ感のある使い勝手です。

今回の釣行、たぶん、最も大きかったバスを取り逃がしてしまったのですが、普段使ってるグラファイトとLOOPやORVISの組み合わせならキャッチできていたかも知れません。

でも、仕事でなく娯楽で釣ってるわけなので、この良くも悪くも微妙に扱い難いタックルで釣ってやりたい気持ちもあるわけでございますよ。

YouTubeで見る場合はこちら → youtu.be/W2mlzApuQDY

<釣果>
  1. 15:02 30cm
  2. 15:19 28cm
  3. 16:09 28cm
  4. 17:31 28cm
<タックル>
ロッド:Fenwick FF756-4J
リール:メダリスト1494 1/2
ライン:SAエアセル・パンフィッシュ#5/6 https://amzn.to/3kg1Egc
記事の日付:2021年08月27日

コメント

まだコメントはありません

前後の記事

くるまだFF フライでバス釣り
トップはhttp://kurumada.sub.jp/です
©2000-2023 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)