フライでバス釣り
2020年09月20日の記事です
ド派手なバイトでフッキングしない地獄
バイトは楽しめましたバイトは…
記事挿し絵

牛久に行こうと思ったら、ノリーズカップ開催とのこと。

ただでさえ難しい牛久で、強者達に混ざって当方の取り分があるとは思えないので、結局いつもの霞に来ました。

ここ最近で最もバイトは楽しめました、バイトは…。

YouTubeで見る場合はこちら → youtu.be/cUclx2Fk8GA

草魚の動画も撮ってきたので見てね!

霞でよく見る光景だけど、ここまで同じ葦に固執するのは珍しいです。

いつまでも眺めてると時間の無駄なので途中で撮るのを辞めたけれど、この葦を食べることはできたのだろうか?

YouTubeで見る場合はこちら → youtu.be/a9bmchx2J90

<タックル>
ライン:river peakバスバグテーパー#6/7 https://amzn.to/32KPWCT
リール:LOOPエボテックG4 LW 6/8
ロッド:Maxcatch Predator 7ft11 8wt バストーナメント用 https://amzn.to/3iDwgFT(在庫切れ中) 今amazonで買えるMaxcatch製品 https://amzn.to/33U7sFo
記事の日付:2020年09月20日

コメント

1) シゲ2020/09/21(月) 17:10:40
こんにちは、お疲れ様でした。

ルアーマンにはほどほどに知られた現象なのですが、深いレジンから魚を誘い出すと派手な水飛沫の割にフッキングしない現象がよくあります。もしくは魚が疑心暗鬼からショートバイトに成ってるケースですね。
そんな時によく知られた対処法は狙うレジンを魚に近付けて下からではなくなるべく後ろからもしくは横からバイトさせる。
ベイトのサイズを下げて口に入り易くする。
浮力を殺し吸い込み易くする。
スピードを落としてしっかりバイトさせる。
アクションとアクションの間にしっかりラインスラッグを出し口に入り易くする、巻きっぱなしのルアーならばロッドをカーボンからグラスへ、もしくはワンランク柔らかなロッドへ交換。
もしくはいっそのことリトリーブスピードを上げて下からではなく後ろから追わせて食わせる。
なぜ後ろからが良いかというとラインテンションが掛かっているとラインが魚の口にあたりルアーやフライが口に入るのを邪魔するからです。

そうなんです、あんな時はむき出しフックが沢山あるルアーでもフッキングしにくく外掛かりが多くなります。
何故なら口に入りきっていないからです。ドラグの掛かったドライフライとよく似てますね。

どれもフライタックルでは対処しづらく、またポッパーの浮力を落としたら良いポップ音が出なくなるのも解ってるのですが…

チャートリュースポッパーのあの方はフッキング率を上げるためトレーラーフックを紹介してましたね。僕はやりたくないけどかなり実践的な対処法だと思いますし、ルアーマンにも同様のフックシステムを採用してる方がおられます。

と、言うことで車田さん流の乗らないバイト対策を楽しみにしてます(笑)
2) 車田2020/09/21(月) 19:17:19
シゲさんどうもです。参考になります。
このような助言頂くと釣れてない動画でもアップした甲斐があるっつーもんですよ。
以前、バチ抜けシーバスであまりにフッキングしなくて頭きてトレーラーフック付きのバチフライを作ってみたものの惨敗でした。
バスの場合、シーバスよりは対策できそうですよね。MASAHIROさんのトレーラーフックは僕も見ましたが皆さん色々苦労してるってことですよね。次回は僕もやってみようかな。ありがちなのは対策してリベンジするとまったく状況が変わっててただただ翻弄されるという(笑)
バスフィッシングって単一魚種でこんなに色々楽しめる素晴らしいターゲットとしみじみ思いますよ。
3) シゲ2020/09/21(月) 19:59:09
こんばんは、対策バッチリで出掛けて状況激変、魚釣りアルアルですね(笑)

某フライショップの店長さんがバチ抜けは明るいところでルースニングがエエよと言うておられました(笑)

僕は綿棒のプラスチックの芯で小さなチューブフライにトリプルフックで頭から2割ぐらいのところに穴を空けてそこからティペットを通すリップルヒッチ的な使い方をシークレットにしてました。フライはバックテールをチョロッと付けただけのコリードッグとか言う世界一簡単なサーモン用のパターンを愛用し結構沈めて良い思いしましたよ。バシャバシャやってても沈めて成功することが多かったですね。ウェットのイマージングみたいに浮上中に食わせてました。

ボラ、ボラ、シーバス、ボラ、シーバス、くじ引きか?みたいな感じでした。
4) 車田2020/09/21(月) 20:45:39
沈めると簡単にフッキングするようになることありますよね。トップでは捕食が下手と言われがちの日本ナマズがピックアップ中のストリーマーを引ったくるように的確にバイトして、がっちりフッキングしたことあります。

前後の記事

くるまだFF フライでバス釣り
トップはhttp://kurumada.sub.jp/です
©2000-2023 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)